山陽日日新聞社ロゴ 2011年3月29日(火)
吉田家3代で
 今年で第20回の節目に
  浄土寺の阿弥陀堂「尾道薪能」5月14日夜に
ポスター
 第20回「尾道薪能」が5月14日(土)の夜、
東久保町、真言宗浄土寺で開かれる。
 主催は尾道足利氏ゆかりの会と尾道薪能実行委
員会、広島県や尾道市、山陽日日新聞社などが後
援する。尾道の初夏の伝統文化行事として、人気
があり、毎年楽しみにしている人が多い。今年で
20回目の節目となる。
 国の重要文化財「阿弥陀堂」を舞台に、シテ方
観世流準職分で重要無形文化財能楽保持者の吉田
潔司さん(京都府向日市)があいさつ。仕舞「鶴
亀」で孫の吉田和史君とともに出演し、さらに茂
由良暢さんの狂言「因幡堂」、仕舞「羽衣」と演
目は続く。
 メインの能は潔司さんの長男でシテ方観世流準
職分の吉田篤史さん(京都府向日市)が「土蜘蛛」
を演じる。演目の詳細は後日紹介する予定。
 入場料前売りは大人3000円、大学生1000円、高
校生以下は無料。啓文社各店、駅観光案内所など
で販売。問い合わせは実行委員会鍛冶川さん)へ。

尾道薪能公式ページ



ニュース・メニューへ戻る