山陽日日新聞社ロゴ 2011年1月7日(金)
『かみちゅ!』
 9日からNHKーBS2で放映
  尾道がモデルのアニメ
   海外発信 新現象も
   ベルギーからロケ地巡りを  
ロケハンするスタッフ
「かみちゅ!」DVDジャケット
 尾道が物語のモデルとなり、地方の町を舞台に
したアニメーションの先駈けとなった『かみちゅ!』
(全12話)が、9日から毎週日曜日夜、NHK−
BS2で放映されることになった。この作品を見
たアニメファンが、国内だけでなく今やヨーロッ
パなど海外からも尾道を訪れており、さらに作品
人気が高まることが期待される。  [幾野伝]
 アニメーション『かみちゅ!』は、1980年代の
瀬戸内にある架空の町「日の出町」(モデルは尾
道)を舞台に、ある日突然「神様」になってしま
った女子中学生(一橋ゆりえ)とその周辺の生活
を描いている。「かみちゅ」とは、「神様で中学
生」の意味になる。
 そもそもは今から7年前の2004年9月、ソニー
系列のアニメーション制作会社「アニプレックス」
から落越友則・制作担当プロデューサーと舛成孝
二監督、シナリオライターで小説家の倉田英之さ
んの3人が「瀬戸内の海と山に囲まれた坂道の多
い、古い町−」という新作アニメの構想に基づい
て、「これは尾道以外に考えられない−」と、尾
道をロケーション・ハンティングしたのが始まり。
 岩本肇さん(岩本燃料店代表)が、大学時代の
大の親友で当時アニプレツクスの取締役だった山
本進さんから、「町を案内しでやってほしい」と
依頼され、大林宣彦監督を長年サポートしている
大谷治さん(茶房こもん社長)に相談。2人が千
光寺山の南斜面や向島、瀬戸田、伯方島などを3
日間にわたって大林映画の撮影地を中心に案内、
アドバイスして制作が進行した経緯がある。
 当時、まだ新進気鋭のアニメクリエーターだっ
た舛成監督らは、準備してきたシナリオをもとに、
場面ごとの舞台を設定するためのロケハンを行い、
尾道の町並みや寺院、町の何気ない風景などを写
真やビデオ、スケッチにおさめていった(=写真
上)。
 2005年6月から、当初はテレビ朝日系列のCS
だけで放映されたが、同年度の第9回「文化庁メ
ディア芸術祭アニメーション部門」で優秀賞、
「日本のメディア芸術100選」のアニメ部門に
選出されるなど、注目を集めるようになり、都市
部では地上波でも放映、尾道では岩本さんらが資
金的に尽力して尾道ケーブルテレビが放映したこ
とがある。
 その後、カナダで開かれた世界アニメーション
フェスティバルで金賞を受賞し、ヨーロッパなど
海外にも輸出され、DVD(=写真下)やブルー
レイも発売されて今なお人気を集めている。
 テレピ放映分の12話以外にプラス4話の16話が
あり、スペシャル・サンクスとして取材などに応
じてもらった一部の商店などは実在する店名がそ
のまま使われていることもあって、風景を実感し
ながらロケ地巡りをするファンが多い。
 そんな中、先月には大谷さんが経営する茶房こ
もんに、「ベルギーの首都ブリュッセルからわざ
わざ訪れた」と話す40歳ぐらいの男性が1人で来
店したという。『かみちゅ!』のDVDから場面
を写真プリントし、それを手にロケ地を巡ってい
たもので、作品に登場する同店にも立ち寄ったも
の。
 日本のアニメーションの人気は、欧州でも高ま
る一方と伝えられており、「初めは訳が分かりま
せんでしたが、作品が世界に向けて発信されてい
ることを知り、納得しました。これまでにない、
面白い現象が尾道には起こっています」(大谷さ
ん)と驚いたようすだった。



ニュース・メニューへ戻る