2010年6月6日(日)
参加者倍増見込む
日本最大の自転車イベント、今年も継続
 秋のしまなみ海道を縦断
  船と自転車の新しいコースも設定
沢山のサイクリストと鶴見辰吾さん
 日本最大の自転車イベント「サイクルモードし
まなみアイランドライド」が昨年に続き今年も
10月10日(日)開かれ、参加者を募っている。し
まなみ海道10周年を記念しておこなわれた昨年の
第1回はサイクリストの仲間からは神様と呼ばれ
ている2代目「自転車名人」俳優、鶴見辰吾さん
ら710人が参加し、大いに盛り上がり、日本一
のサイクリングロードとして認知された。
 コースは初回の3コースから4コースに増やし、
昨年の3コースの距離も伸ぱした。新たなコース
は船と自転車を併用してしまなみ海道を楽しんで
もらう「ガイドツアー60コース」(定員150人)。
尾道市役所西、旧岸本渡船桟橋から大三島宮浦港
までフェリーで行き、そこから自転車に乗り、向
島運動公園までの片道約60kmコース。参加料は
5000円(先行エントリーは4000円、小学生は3000
円)。
 最もハードな「水軍200コース」(定員800
人)は向島運動公園から今治市糸山公園折り返し
の約200km。昨年150kmコースをもっと距離
を長くして欲しいとの要望を受けて50kmのぱした。
参加料は9000円(先行エントリー8000円)。
 「多々羅130コース」(定員800人)は向島
運動公園から大三島折り返しコースで参加料は
7000円(先行エントリー6000円)。昨年は90km
だったのを大三島を一周することで40km伸ばした。
 「くるしま90コース」(定員尾道発200人、今
治発150人)。向島運動公園から糸山公園まで
片道コースで、それぞれ出発地点は向島運動公園
と糸山公園となる。参加料は6000円(先行エント
リー5000円、子ども3000円)。
 総定員は2100人でサイクリングブームに乗り、
初回の710人の倍以上の参加者を見込んでいる。
 プレイベントは10月9日、市役所駐車場を一時
駐車禁止して開く。著名人によるトークショー、
ビギナーズミーティング、人気ブランドの最新モ
デルの展示や試乗会、さらに9月からスタートす
るNHK朝ドラ「てっぱん」にちなみ飲食屋台コ
ーナーも設ける。具体的な計画はこれから煮詰め
ていく。
 今年度、県費2億円でサイクリング基地として
改造される西御所県営2号上屋は秋頃は工事中で
使用できなく、サイクリング基地として稼働する
のは来年に持ち越される。
 しまなみアイランドライトの予算は2700万円、
うち市が600万円、企業協賛金が288万円、
残り1812万円は参加費用で賄うだけに多数の参加
を呼びかけている。昨年はしまなみ海道10周年と
いうことで予算は県市と全額税金で賄った。今年
からは民間協賛金もふくめ自主運営に切り替えた。
 [写真は昨年、サイクルモードしまなみに参加
した鶴見辰吾さん(左端)」。

公式ホームページ



ニュース・メニューへ戻る