2010年4月25日(日)
 ショパン生誕200年記念
  仲道郁代ピアノ・リサイタル
仲道郁代さん
 ショパン生誕200年を記念して「仲道郁代ピ
アノ。リサイタル」が6月6日午後3時から瀬戸
田町、ペル・カント・ホールで開かれる。
 プログラムはワルツ第2番「華麗なる円舞曲」、
12の練習曲「エオノアンハープ」、ワルツ第6番
「子犬」、24の前奏曲「雨だれ」などお馴染みの
13曲を演奏する。
 仲道さんは桐朋学園大学1年の時に日本音楽コ
ンクール第1位と増沢賞を受賞し、一躍有名にな
った。日本とヨーロッパで本格的な演奏活動をス
タートさせ、これまでマゼール指揮ピッツバーグ
交響楽団、バイエルン放送交響楽団、フィルハー
モニア管弦楽団などのソリストとして迎えられ、
高い評価を受けている。
 ベートーヴェンの「ピアノソナタ第30、31、32
番」は07年度レコード・アカデミー賞を受賞して
いる。ショパン生誕200年にあたる今年、「C
Dでわかる ショパン鍵盤ミステリー」をリリー
ス、またショパンの生涯を映像とエピソードで綴
る「ショパン鍵盤のミステリー」を企画し、大き
な反響を呼んでいる。
 仲道さんは「ペル・カント・ホールの公演では
ピアノの音のあらゆる魅力を感じていただけるよ
うなプログラムを組みました。どの曲も皆さんが
一度は耳になさったことのあるメロディです。シ
ョパンの魅力にゆったりと浸っていただければ嬉
しいです」とコメントしている。
 全席自由席で一般が2000円、18才以下は1000円。
チケットの申し込み、問い合わせはしまなみ交流
館(電話0848-25-4073)もしくはベル・カント・
ホール(0845-27-3848)まで。

尾道市 ベルカント・ホールのページ
(今回の内容は「自主事業」をご覧下さい)



ニュース・メニューへ戻る