2007年7月27日(金)
 1年ぶり27日から8月末まで
  尾道水道の魅力 クレーンのライトアップ
 「造船の町」の産業遺構になっていた尾道駅前
の対岸のクレーンがライトアップされ、また映画
「男たちの大和」のロケセットとして一般公開さ
れた二つのイメージアップ作戦と、造船が活況を
呈していることもあって、日立造船向島工場が
″造船所″として復活する理想的な予期せぬ結末
を迎えたが、一方で尾道水道とマッチしたクレー
ンのライトアップの打ち切りを惜しむ声も強く、
尾道市と観光協会では、住吉まつり花火大会の前
日の27日(金)から当面8月末いっぱいまで、西
隣りの向島ドックのクレーン5基のライトアップ
を復活させることにした。
 クレーン1基につき、1000Wの水銀灯4台で、
合計20台の照明設備をするのはこれまでと同じ。
配色では、従前より1基減るため「紫色」が無く
なるという。午後10時まで。
 前回のライトアップが平成16年4月7日から、
昨年の8月31日までで、約11か月ぶりのクレ
ーンのライトアップの復活になる。



ニュース・メニューへ戻る