2007年7月15日(日)
 「粋」の会洋画展開く
  油彩・水彩、具象・抽象と多彩
展示の様子
 第4回「粋」の会洋画展が新浜一丁目、画廊喫
茶あすなろで開かれている。31日まで。
 「へんちくりん」から「粋(すい)」に名称を
改め、8人の会員の意欲的な作品が並べられてい
る。油彩、水彩に具象画、抽象面と多彩で見る人
の目を楽しませている。
 青山和雄さんは田園風景の水彩の「里の春」、
木曽一徳さんは直線が面白い抽象画の「儷(つれ
あい)」、高原一眞さんは大山烏ケ原の「紅葉高
原」、青峰美術院会友に選ぱれた宮原重太さんは
三原筆影山から遠望した「瀬戸内海の御来光」。
 川谷博幸さんは坂出から見た「瀬戸大橋〜与島
遠望」、瀬山清三さんは素朴なコンクリート橋と
赤の灯台が印象的な「上ノ関漁港」、田辺冨美子
さんは白、赤、紫と多彩な「パンジー」、山根省
吾さんは秋の気配を感じさせる「県民の森」と円
熟期の8人が個性豊かな作品を出品している。

場所はこちらの「あ」



ニュース・メニューへ戻る