2007年6月26日(火)
 歌や朗読で芙美子偲ぶ
  あじさいで飾られた像前で
林芙美子像の前の人々
 ゆかりの作家、林芙美子の命日(28日)にちな
んだ第17回「あじさいき」が24日午前、商店街西
口の芙美子像を囲んで開かれた。
 市民グループあじさいの会(崎谷倫子代表)と尾
道駅前本町一番街商店街振興組合(山崎浩三代表
理事)の共催で、あじさいの花で飾られた像の前
で土堂小学校の4年生が校歌などを斉唱、『放浪
記』の一節を朗読した。独唱やフルートの演奏
(=写真上)、参加者150人による童謡の合唱
などで在りし日の芙美子を偲んだ。
 午後からは場所を街かど文化館に変えて、あじ
さいの会顧問の池田康子さんが長江や土堂、久保
の児童に授業を行った。
 あじさいきは毎年、命日直前の日曜日に開いて
いる。



ニュース・メニューへ戻る