2007年6月6日(水)
 個性豊かな風景や静物
  「向東画遊会」油彩画展開く
展示の様子
 「むかいひがし画遊会」第3回油彩展が向島町
小歌島、画廊喫茶・檸檬の樹で開かれている。
30日まで。
 一昨年、藤原融さんの呼びかけで向東町在住の
絵の好きな50代から70代の8人が画遊会を結成。
創作した作品を持ち寄り、合同展を開き、今回で
3回目となる。
 県美展入賞入選、市美展入賞の常連など猛者が
多く、一人2点を展示している。
 岩本量荘さんはクラシックバレーを習っている
孫の姿を描いた「少女」、恵谷博美さんはユーフ
ォーを思わせる「かぽちゃ」、城本満弘さんは見
事な、ざくろの「静物」、瀬山清三さんは因島田
熊の「海景」。
 田辺登美子さんは千葉県犬吠埼の「旭が昇る」、
丸山義登さんは三原仏通寺の「紅葉」、吉原軍治
さんは薔薇やカーネーションなど色とりどりの
「花」、藤原融さんは赤、白、紫と多彩なアネモ
ネを描いた「花」を出品している。
 それぞれ年輪を重ねた個性豊かな作品が展示さ
れ、訪れた人を楽しませている。

場所はこちらの「れ」



ニュース・メニューへ戻る