2007年4月21日(土)
 茶会合わせ牡丹見頃に
  天寧寺と慈観寺 春楽しむ姿
境内の様子
◎..東土堂町、曹洞宗天寧寺(小形元信住職)の牡
丹の花が見頃を迎え、多くの観光客や市民が立ち
寄って春の穏やかな雰囲気を楽しんでいる。
◎..境内には、手塩にかけて育てられた朱色や薄
いピンク色の牡丹が咲き誇り、晴れ間の多かった
20日には遠足の中学生や絵筆を走られる絵画グル
ープ、のんびりと散歩する親子などの姿が見られ
た(=写真)。
◎..かつては『ボタン寺』として知られた長江1
丁目、時宗慈観寺の境内にも静かに牡丹が咲いて
いる。
◎..両寺を会場に22日午前9時から午後3時ま
で、茶道裏千家淡交会尾道支部尾道青年部(藤本
宗裕部長)による恒例の「ぽたん茶会」が開かれ
る。当日券は2300円。
                 [幾野伝]



ニュース・メニューへ戻る