2007年3月15日(木)
 26日はロープウェイ半額
  開業50周年で記念品贈呈も 
 尾道の風景の1つとして溶け込み、観光都市尾
道のシンボルとも言える千光寺山ロープウェイが、
3月26日で運行開始から丁度50年の節目を迎える。
半世紀という50年、この千光寺山ロープウェイ50
周年を記念して、市観光文化課では記念サービス
を行うことにしている。
 それによると、50年の節目の3月26日(月)は
1日半額乗車。また、山麓駅で先着1000名に千光
寺山ロープウェイ写真入携帯電話用モバイルクリ
ーナーをプレゼント。このほか、ロープウェイ前
後にある市のシンボルマークであるエンブレムを
「50周年記念」看板にすることにしている。
 1日半額料金は、片道大人140円、小児70円。
往復は大人220円、小児110円(小児は12歳
未満)。一方、まもなく観桜期を迎える。桜シー
ズンの4月1日から15日までは、運転時間を延長
して営業することにしている。
 通常は午前9時から午後5時15分までの営業運
転。桜見期は月曜から木曜日は午後6時まで延長。
金・土・日曜日は午後7時まで延長。なお、桜の
開花状況によって延長運転期間が繰り上がること
もある。「さくら茶会」が開催される4月21日の
土曜日は午後8時30分まで延長運転となる。



ニュース・メニューへ戻る