2006年11月7日(火)
尾道に転居当時の初期の力作
 未公開作品を2点展示
  和作室常設のなかた美術館で
展示の様子
 小林和作の常設展示室がある潮見町のなかた美
術館(中田富美館長)に、未公開の作品2点が今
回、新たに展示されている。
 「朝の釣り船」(1937年)と「春」(1938年)
は共に尾道に転居して間もない頃の作品。晩年の
作品とは趣が異なり「日本画の香りが漂う」タッ
チ。
 石田克彦会長は「精神性としては、この頃の作
品の方が高いのではないか」と高く評し、玄洋さ
ん夫妻も食い入るように作品を鑑賞していた(写
真)。
 月曜休館で、12月28日の年内いっぱい展示
している。一般500円。

場所はこちらの「な」



ニュース・メニューへ戻る