2006年6月27日(火)
縄文期に人骨
「古きをたずねて」・・1.尾道遺跡発掘調査研究所
 出土品は数万点草戸千軒に匹敵
  中世、中国と交易し青磁や白磁
上 皿と汁椀  中 太刀
下 甕(かめ)
 先人が築いた歴史や文化、暮らしぶりを伝える
民俗考古資料博物館は新尾道市に7施設ある。現
在から過去を見つめ、未来を創造する貴重な文化
財の存在は意外と知られてない。「古きをたずね、
新しきを知る」。8回連載で新尾道市の各町の歴
史を探訪する。      (文責・半田元成)

 初回は元筒湯小学校跡地にある「尾道遺跡発掘
調査研究所」。福山の草戸千軒に匹敵する数万点
の出土品があり、平安時代末期の後白河院領大田
庄(現世羅町)の倉敷地として公認されて以来、
瀬戸内を代表する港町として栄えてきたことが窺
える。
 昭和50年から東御所町から尾崎本町で遺跡にさ
れている37万平方政の範囲から出土した数万点の
中から、極一部の570点を展示している。中世
から現代まで途切れることなく人々が生活してい
ることから生活の痕跡は次の時代の人達により壊
され、見つかっている土器は破損している物が多
く、わずかな破片から推定し復元している。
 港町であるため交易品が多く中国の南宋・元・
明王朝時代に窯で焼かれ作られた硬質で美しく貴
族や武士に愛用された青磁、白みがかった白磁の
碗や皿が多数ある。鎌倉・室町時代に大量に輸入
されている。
 皿、鍋、釜など土師質土器は窯で焼いてない軟
質の土器で中世では一般的なもので壊れたらすぐ
捨てられていた。室町時代の土師質土器の大小の
碗と汁皿=写真上=は当時の食卓を知ることがで
きる。
 水や酒、穀物など貯蔵用の備前焼大甕=写真下
=、近畿地方で作られていた黒く燻し丈夫な瓦器
の火鉢や香炉も多数出土している。
 尾道遺跡のほか古代の貴重な出土品もあり、縄
文時代前期から後期の高須町大田貝塚からは鹿や
猪など動物の顎や牙、食料をつぶす調理器具の高
支石のほか貝塚の下からは人骨が出土して話題に
なった。人骨は発掘した京大に保存してある。
 原田町長者ケ原で弥生時代の農耕狩猟に使って
いた石斧や石包丁、矢じりが出た。弥生時代から
古墳時代にかけて浦崎町満越の製塩遺跡では海水
を沸騰させ塩を作りだしていた下がすぽまった土
器片が見つかっている。
 古墳時代後期の美ノ郷町大想田山古墳からは死
者を葬る副葬品が出ている。窯で作られた硬質土
器の須恵器や太刀=写真中=、鏃の鉄製品の武器
とともに銅製の耳飾り、ガラスやメノウ製の玉類
と装飾品が埋められていた。須恵器は埋葬の時に
供え物を入れるものとして使われていた。
 古代から近世にかけての出土品から、その時々
の生活や産業、慣習が見てとれる。
 [尾道遺跡発掘調査研究所] 。束久保町20番14
号。開館は毎週月〜金曜日で時間は午前9時15分
から午後4時。入館料は無料。電話は0848・
37・8766。

場所>

浄土寺の西(駅から行くと手前)の坂道



ニュース・メニューへ戻る