2006年4月25日(火)
大和ロケセット公開が大詰め
 5月7日会期末まで『無休』で
  定休日知らぬ人の多さ分かる
 大和ロケセットの入場者数は次の通り。
 17日(月)が3191人、18日(火)が2447人、19
日(水)が2064人。
 木曜日定休日だが、向島町民に交通渋滞などで
大変迷惑をかけているとして″無料開放″(入場
者はカウントせず)したが、定休日を知らずに来
場した人が有料で入場し、その数が493人もあ
った。
 いかに「木曜日に多くの人が訪れているか(休
場を知らず)」が結果的に分かったことになった。
 21日(金)が2291人、22日(土)が5706人、
23日(日)が8553人。
 22日(土)が観光バス56台、23日(日)
はバス63台、普通車1459台だった。
 27日(木)も向島町民の無料開放だが、一般
有料客も入場できる。このため会期末の5月7日
まで、これで無休となった。
 23日締めで総入場者数は86万8571人となり、
今月中の90万人達成と期間中の百万人の大台の2
つは、ゴールデンウィークの大爆発がない限り遠
のいたと主催者側もみている。

転載責任者メモ:批判的な意見(特に映画関係者から)のあるロケセット公開
        でしたが、出だしに「あれは見てもしょーがない」などの
        評判がたてばここまでの入場者はなかったでしょう。

        多くの戦争を知らない方が広い甲板に立って、このような所で
        一生懸命働いて死んでいった人々がいるということを少しでも
        感じで下されば大成功だったと思います。映画のロケセットと
        いうより、大和を体感できる施設と「乗ってみた私」は感じ
        ました。乗っていない方が感想を述べるのは問題外として、
        乗ってみて、単なる張りぼてと感じた人も想像力が足りないの
        ではと思っているのですが。


ニュース・メニューへ戻る