2006年3月28日(火)
OCTV
今月末まで格安の開局キャンペーン
 向島町にエリアを拡大
  10月から地上波デジタル放送開始
街頭での工事の様子
 第3セクター、OCTV・尾道ケーブルテレビ
(三宅敬一社長)は来月中旬から向島町南岸の住
宅密集地に視聴エリアを拡大する。10月から始ま
るデジタル放送も時期を同じくして開始する。
 ケープルテレビが視聴可能になるのは尾道水道
に面した住宅が多い兼吉から東・中・西富浜、小
歌島、田尻、土井、宇立、川尻の9地域で対象は
約3000世帯で町内の46%をカバーする。スピ
ードが速く、画質の良い光ファイバー方式を採用、
配線工事は終えた。事業費は約5000万円。
 向島町の残りの地域での放送はまだ目途が立っ
ていない。御調町は再来年度以降に、合併した因
島、瀬戸田町はまだ計画にのぼっていない。「地
域で半分以上の世帯が見たいという要望があれば
工事に入りたい」(堀秀佳常務)と話していた。
 今月末まで開局キャンペーンをおこなっており
加入金、工事費、インターネット登録手数料合わ
せて10万7100円のところを半分以下の4万09
50円の格安で予約を受け付けている。詳しくはケ
ーブルテレビ電話0848-24-0050)まで。
 地上波デジタル放送は尾道地区は07年度からス
タート。それに先駆け今年10月から県庁所在地の
広島市で開始されるのに伴い、広島都市圏でケー
ブルテレビを放映している、ふれあいチャンネル
と専用回線の利用契約を結び、同時期に放送を開
始する。
 地上デジタルチューナーを内蔵してないテレビ
は無料でアダプタを取り付ける。9チャンネルの
自主番組もデジタル化、ハイビジョン用のカメラ
など機器を更新していく。
 93年に開局したケープルテレビは旧尾道市の西
藤、浦崎、百島と福地の一部を除いたエリアで現
在の加入世帯は8700戸。ここ数年、単年度黒
字で推移、経営も軌道に乗りつつある。
 「災害時の伝達についてどうするか行政機関と
話しをつめています」(同)と災害発生時の情報
提供について対応を検討している。

転載責任者メモ:毎日ご覧になっている方がどうかは知りませんが、
        グリーンヒルホテル尾道に泊まる観光客には、部屋の
        テレビで地元ケーブルが見られるのが結構楽しみ。
        祭などの催しや尾道の映像が流れるので、夜も尾道を
        満喫。グリーンヒルに泊まる方は是非ご覧下さい。
        BSデジタル同様、通販番組も多いですけどね..


ニュース・メニューへ戻る