2005年10月22日(土)
源氏絵茶会・絵扇面屏風の公開など
 第四回尾道・源氏絵まつり
  浄土寺で30日から多彩な文化の香り
ポスター
 早いもので、今秋で4回目を迎える「尾道・源
氏絵まつり」が実行委(日暮兵士郎委員長)の主
催で、国宝の寺東久保町浄土寺(小林海暢住職)
で催される。
 源氏絵茶会が30日(日)午前9時から午後3時
(受付け終了)まで。
 薄雲の席(濃茶・三斎流観翠庵)▽初音の席
(薄茶・裏千家淡交会尾道支部)▽松風の席
(薄茶・速水流尾道支部)▽点心の席(表千家流
露滴会)。
 二席と点心、拝観料込みで5000円。
 31日(月)から11月6日(日)まで名宝「源氏
物語絵扇面散屏風」を特別公開する。拝観料込み
で1000円。
 室町時代から浄土寺に伝わる、源氏物語を描い
た60枚の扇面が張りつけられた六曲一双の屏風
に秘められた謎は?、ぜひこの機会に。
 期間中、源氏物語に関わる4つの催しが開かれ
る。
 【講演会】源氏物語講座I、5日(土)午後2時、
方丈の間。福岡女子大学の目加田さくを名誉教授。
 【講演会】源氏物語講座II、6日(日)午後2時、
方丈の間。尾道大学の森山茂教授。
 【源氏物語朗読会】5日(土)午後1時半、方丈
の間。石野塾朗読の会会員堀純子さん。
 【雅楽の調べ】子供達と共に雅楽のつどい「雅
楽もおもしろい」=6日(日)午後1時、方丈の間。
笙演奏家大津典子さん。
 問い合わせは0848-37-5080

場所はこちらの「し」



ニュース・メニューへ戻る