2005年10月12日(水)
 ススキが揺れ秋がそこに
因島大橋とススキ
 朝夕、めっきり涼しくなり、ススキが風にたな
びいている。
 昔から秋の七草の1つとして歌に詠まれている
ススキ。穂を開き、木立ちの緑や草むらのなか、
淡い白色の綿毛が時折、風にたなぴき、秋の気配
を漂わせている。
 白色のススキの周辺に赤トンポと見間違うウス
バキトンポが群れ飛んでいる。みかんのオレンジ
ジ色を薄くしたように色合いで風力を上手に利用
し飛び交っている。
 台風など風力が強い時、空気の層に乗って集団
で渡来している。
 [写真はススキがたなびく向島町立花海岸]。

写真の場所はこのあたりかと>



ニュース・メニューへ戻る