2005年9月23日(金)
「あかね」のカレー
 3代受け継がれた「昔ながらの味」が脚光
 東京新宿高島屋で出店、大好評
  今月から通販カタログ「JALUX」にも
販売の様子
 7日(水)から12日(月)まで、東京・新宿高島
屋10階催場で開かれた「カレーフェスティバル」
に、尾道でもオールドファンが多い市役所前のグ
リルあかね(樋口寛昭社長)のお持ち帰り用「昔
ながらのカレー」が出品し大好評を博した。
 グリルあかねでは、今年5月25日から30日
まで新宿高島屋で開催された「フードパラダイス」
に初出店。
 パン、ケーキ、酒、デザートなどのジャンルで
東京の名だたる名店など63店舗の中に入って
「クリームコロッケ」を出品した。
 これがきっかけになり、同店から「次の催事の
際にも..」と声が掛かり、ハウス食品提供・日本
テレビ特別番組「カレー道」の協力で、7日から
の「カレーフェスティバル」が企画され、再び出
店の要請が来たもの。
 樋口さんの長男の徹さん(常務)が担当。前日の
六日に上京する際、会議所の佐藤事務局長から
「是非、東京事務所を訪ねなさい」とアドバイス
を受け同日、森本所長に催しの案内をしたという。
 同カレーフェスティバルには、連日「横浜カレ
ーミュージアム」のメンバーが日替わりで参加し
たのをはじめ、10日(土)には来尾したこともある
有名シェフの石鍋裕さんの「欧風カレー」まで登
場するビッグな催し。
 横浜カレーミュージアムの全国ご当地カレー特
集のほかに、東京・神奈川・盛岡・いわき市など
から10店舗が選ぱれてカレーパン、お持ち帰りカ
レー、カレーうどん、カレーたこ焼きなどカレー
アラカルト特集を出店出品。あかねからは「昔な
がらのビーフカレー」(1袋230グラム)630
円のいつもお店で扱っている商品を出品した。
 森本所長が来店した8日(木)には、森下千里が
出演するトークショーも会場で開かれており大盛
況。「こんなビッグな催しに尾道の店が出店して
いることだけでも大したものなのに、あかねのカ
レーは大好評でしたヨ」と早速、本紙に所長から
第一報がもたらされていた。
 この催事への参加と併行するように、他の百貨
店などからの誘いも舞い込むようになったが、徹
さんは「百貨店は高島屋一本にして、今後もイベ
ントの時には積極的に参加したい」と意欲を語り、
今月初めから、ファーストクラスの通販カタログ
「JALUX」に、8食入りのビーフカレーが掲載さ
れるようになりましたと手応えを語っていた。
 先代の創業者を知る世代には「昔懐かしい・あ
かねのカレー」だが、店(2階)でテイクアウト
を常時しているほか、山陽自動車道下り線福山サ
ービスエリアでも販売しているとのこと。
 ここでも好評につき、レストランで「あかねの
カレー」をメニューに載せる話しまで進行中とい
う。
 「たかがカレー、されどカレー」というか、日
本人のカレー好きは有名。ラーメンの町尾道に、
昔ながらのあかねのカレーが全国的にも脚光を浴
びようとしていることは、観光おのみちにとって
も力強い味方が一人増えたことにもなり「口当た
りはまろやかで甘口なのに、ピリッと辛さが効い
た、コクのある」あかねのカレーの味を、もう一
度味わってみませんかと推奨したい。



ニュース・メニューへ戻る