2005年7月24日(日)
応援会員募集
環境芸術家、佐久間さんのトークや自主映画上映会
 商店街で「尾道帆布展」
  一般公開 美大生ら10人がオブジェを製作
会場の1つ上田玩具店 チラシ
 製作過程を一般に公開、市民や観光客と交流し
ながら作品を仕上げていく「尾道帆布展」が8月
2日から28日まで商店街をアトリエに開かれる。
 5回目の今年は尾道大学美術学科、小野環助手
らがプロデュース。三つ折りチラシ=写真右=5
000枚を作り、帆布展をPRしている。
 今回、尾道に滞在して帆布を素材にオブジェを
製作するのは東京芸大デザイン科非常勤講師、佐
久間あすかさんをはじめ東京造形大学3年、川村
崇さん▽京都造形大学4年、森貴之さん▽同、野
村知久紗さん▽倉敷芸術科大学4年、前田理恵さ
んの5人。それに地元、尾道大学美術学科4年、
中島健さん▽同3年、タカマツさん▽同3年、佐
藤隼さん、高山弘樹さん、寺井茉荊子さんの3人
組。
 佐久間さんは東京芸大卒、98年アーバナード#
7優秀賞受賞、00年フィリップモリスアートアワ
ード2000年入選、01年第7回うしく現代美術
展入賞、TEPCO銀座など数多く個展を開いて
いる。
 22日、来尾した5人の皆さんは製作現場となる
工房おのみち帆布ギャラリー・スペース帆、郷土
館ふらっと、アトリエドラゴン、アルカディア、
シC‐ALLEY、上田玩具店=写真左=を見て
回り、気にいった場所を選んでいた。
 公開日は6、7、13、14、20、21、22、23、24、
26、27、28の12日間で時間は朝10〜12時と午後1
〜5時まで。
 6日午後5時からスペース帆で佐久間あすかさ
んが「日常の集積」のテーマでトーク。また自作
映画上映会、アカペラコンサートを開催、ワーク
ショップ、パフォーマンスなど企画している。
 「約1か月にわたり滞在し製作するため、若い
アーティストの卵達の経済的負担は大きく、市民
の皆さんの支援をお願いします」(小野助手)と
応援会員を募っている。会費は1口1000円か
ら。問い合わせ、申し込み先は工房おのみち帆布
(電話24・0807)まで。



ニュース・メニューへ戻る