2005年7月24日(日)
カメラ専門誌が尾道特集
 写真家 歩き、人との出会いを撮る
表紙
 カメラの専門誌「日本フォトコンテスト」の8
月号で、トップの特集「日本を歩こう」〜写真家
とつづる再発見紀行〜で、尾道が12ページにわ
たって″写真集″として紹介されている。
 ″表紙″の写真は、尾道大橋をカットした尾道
水道の眺望(千光寺山から)。石畳の坂道と猫が留
守番、西国寺下の路地、漁師のおじいちゃんと路
地、母娘と商店街、中華そぱ「みやち」のシンプ
ルな店頭風景、フェリー内での乗客、最後が尾道
水道の薄暮の夜景で全12枚の写真を載せている。
 「歩く・見る・撮る」で、写真家のハービー・
山口が尾道を紹介しているが「人間がいる風景を
撮りたい僕にとって、この上ないうれしい町」と
いう表現をしているのが嬉しい。
 日本写真企画、1260円。

転載責任者メモ:千光寺山から尾道水道の東側を撮るとき、
        普通なら"どうしても"入れてしまう尾道大橋をわざと
        上に追いやってバッサリ切り、もっと手前を見下ろした
        形の構図に。
        これだけで新鮮な町に見えてくる。さすがプロ。


ニュース・メニューへ戻る