2005年5月25日(水)
阪本善尚カメラマン
 雁木消え 駅前界隈の激変に!?
  映画『大和』撮影で尾道20年振り
カメラを前に阪本氏
◎..尾道での撮影が終盤を迎えている東映映画
『男たちの大和/YAMATO』(佐藤純彌監督)。
撮影監督の阪本善尚カメラマン(63)にとって、
尾道での映画撮影は実に20年振りとなった。日本
大学の学生時代、大林宣彦監督(67)と出合い、
その後コンビを組んでチャールズ・プロンソン、
ソフィア・ローレン、リンゴ・スターなど世界的
俳優を使ってコマーシャル史に残る名作品を数多
く生み出した人物。
◎..映画では《HOUSE/ハウス》をはじめ尾
道三部作の《転校生》《時をかける少女》《さび
しんぼう》のほかに《麗猫伝説》《彼のオートバ
イ、彼女の島》《野ゆき山ゆき海べゆき》や《廃
市》《天国にいちぱん近い島》《異人たちとの夏》
《はるか、ノスタルジィ》など多くの大林作品で
撮影監督をつとめている。1986年公開の《野
ゆき−》以来、今回20年振りの尾道滞在となった。
◎..「尾道には必ず、福山で新幹線を降りて、在
来線で入ることにしています。(山波の)あのカ
ープを曲がって飛び込んでくる風景はやはりいい。
学生の頃も何度か山陽線を通ったが、何か他の町
にない雰囲気を感じ取っていました」と阪本さん。
◎..「私は尾道に住んでいる者ではないので..」
と前置きして、「昨年秋、ロケハンで久し振りに
尾道に来た時、まず駅前にびっくりしました。降
りる駅を間違ったかと錯覚したほど。雁木も無く
なってしまった。あれでは、以前の尾道を知る大
はガッカリするし、初めての人にとってもどこに
でもある町と同じじやないですか?」と駅前界隈
の変わり様に対する落胆振りは大きい。
◎..「大林監督とは当時、自転車で路地裏をロケ
ハンしました」と懐かしむ。「全てが古いのでは
なく、観光用に無理に残しているでもなく、古い
ものと新しいものとが上手く混じり合って、どこ
か文学的な匂い、生活感が漂うところに尾道の魅
力があったはずのに」。
◎..「暮らしている人にとっては、新しくなるこ
とは仕方ないことかも知れないが、そのやり方
(古いものを活かして)をもっとよく考えて欲し
かった。大林監督に限らず、新藤兼人監督などせ
っかく多くの文化人を輩出している町なのだから、
そういう人達の意見も聞き入れてみればよかった
のに、残念。一度無くせば、もう取り戻せないの
ですから..」と1人の芸術家としての感慨を語っ
ている。



ニュース・メニューへ戻る