2005年5月14日(土)
男たちの大和/YAMATO
亀田市長を交え、錚々たるメンバーが記者会見
 渡さんらヤマ場の撮影
  主題歌担当の長渕さんと再会に
関係者集合写真
 終戦60年を記念、向島町、日立造船向島西工場
跡地で撮影している東映映画「男たちの大和/
YAMATO」のロケ現場に12日、渡哲也さん(63)
らが合流、主題歌を担当する長渕剛さん(48)も激
励に駆け付けた。尾道市の亀田市長、佐藤商議所
会頭も陣中見舞い。戦艦大和の甲板は出演者のほ
か大勢のマスコミであふれていた。撮影は折り返
し地点で12月に公開予定。
 米軍機が沖縄に来襲、参謀長から渡さん扮する
伊藤司令官、奥田瑛二さん扮する有賀第5代艦長
に沖縄への特攻命令が下され、覚悟と想いを胸に
秘め、乗組員が前甲阪に勢揃いするヤマ場の撮影
で渡さんは紺の軍服に身を包み、第4代艦長の勝
野洋さんらと水兵に敬礼、有賀艦長が水上特攻を
命じるシーンが繰り返し、撮影されていた。
 その後、記者会見がおこなわれ、左から高岩淡・
東映会長、亀田市長、岡田茂・東映相談役、奥田
さん、渡さん、監督の佐藤純彌さん、音楽担当の
久石譲さん、製作者の角川春樹さん、それに主題
歌担当の長渕剛さんと関係一同が勢揃い、映画に
対する思い入れを一言づつ次の通り語った。
 亀田市長は「角川さんから、この映画の企画を
聴き、是非尾道で撮影して欲しいと手塚弘三君と
お願いした。戦後60年の総決算に値する映画を作
ることに感激、お礼申し上げたい」と感謝してい
た。
 高岩会長は「戦中派は佐藤監督と私と2人だけ
だが大和とともに日本のため戦い、死んでいった
若者の鎮魂歌として1人でも多くの人にみてもら
いたい。角川さんは体を張ってやっている」と特
に若者にみてもらいたいと呼び掛けていた。
 岡田相談役は「広島県人会会長をしている。現
役を引いているが広島のことなので復帰した。地
元の皆さんの協力、予算は飛び跳ねる予算(25億
円)になった。映画の秘訣は真似の出来ないもの
をやれば流行る。観客を動員したい。戦艦大和は
観光の名物にしたい、地元と一緒にやっていきた
い」と意気込みを語った。
 佐藤監督は「機銃音で迷惑をかけ、お詫びしま
す。大和を見てまだ日本映画にこれだけのスケー
ルを作る実力、余力があることを痛感。次のより
大きい作品を作るため、是非とも、この作品を成
功させなくてはならない」と全力投球していると
いう。
 久石さんは「すごいセットで驚いた。海に散っ
ていった若い人達の思い、感じたことを音楽に反
映させれぱとおもっている」とコメント。
 渡さんは「身の引き締まる思いです。戦場に散
っていった尊い犠牲の上に今の日本繁栄がある。
大和を通して戦争の悲惨さ、無意味さを教訓に若
い世代に伝えていきたい」と力強く語っていた。
 角川さんは「復帰第1作目です。大和をみて船
首部分に2億円余計かけた。渡さんには映画・野
性の証明の時、出演を依頼したが断られた。1千
万人の観客動員を目指している。音楽は大切な要
素で映画の2割を占めている。日本のジョンウイ
リアムス、久石さんにお願いした。主題歌は中島
みゆきに頼んだが戦争映画は駄目と断られた。大
物を予定していたがキャンセル、義兄弟の長渕さ
んに頼んだ。映画より早く主題歌をマスコミで展
開していきたい」と史上初の観客動員1千万人の
映画にしたいと並々ならぬ意欲をみせていた。
 長渕さんは「台本を読んで悲しすぎる純潔に泣
けて泣けてしょうがなかった。戦争を美化しては
いけないけれど僕たちの先輩が父母や兄弟と愛す
るものを守るために犠牲になったからこそ今があ
る。戦争という舞台を借りた愛の映画だと理解し
ている。今まで僕にない素晴らしい曲を作りたい」
と抱負を語った。
 このあと渡さんと長渕さんの2人が引き続き記
者会見。渡さんは巨人の清原選手以上に長渕さん
のファンで93年、日本武道館の長渕さんの公演に
夫人同伴で駆け付け、カラオケで「とんぼ」や
「しゃぼん玉」をよく歌う。渡さんが倒れた時、
長渕さんが見舞いに訪れた。長渕さんは渡さんの
凛とした姿勢、美意識が大好きで敬愛。長渕さん
の母が亡くなってから毎年命日に線香を贈られ、
生きのいい魚が手に入れば直送してもらっている。
 久し振りの再会に長渕さんは「飛びつきたい心
境でやってきました。音楽は耳から心に入ってい
く、今回ほど責任の大きい仕事はない。愛するも
のを守るというシンプルな構図を歌に反映させた
い」と力を込めた。渡さんは「彼には哲学がある、
家族を愛する若者達の心の叫びを伝える歌を作っ
てもらえると確信しています」とエールを送って
いた。
 記者会見はさらに続き、角川さんと長渕さんが
対談。角川さんは「彼ぐらい日本を愛している人
はいない。大和をみて軍歌にならないように」と
注文を出していた。長渕さんは「不良が文化を作
ってきた。情熱を持って曲作りをしたい」と息の
合ったところを見せていた。
 尾道ロケは5月末まで続けられる。

肖像権等により写真掲載に問題がある場合は削除しますのでメールを下さい>関係各位様
fumito.o@nifty.コム <コムをcomに直してお送り下さい(スパム対策のためお手数をお掛けします)


ニュース・メニューへ戻る