2005年5月1日(日)
旧市街地全域で
 みなと祭賑やかに開幕
  子供も大人も「ええじゃん踊り」
海岸でのイベント
大変な人出
 旧市街地全域を会場にした第62回「尾道みなと
祭」は初日30日正午から、本部の市役所前でのセ
レモニーで開幕した。市立幼稚園の園児による
「ええじゃん踊り」に続いて、認定書が手渡され
た2005ミス尾道の2人が紹介された。
 メインステージが置かれている尾道駅前の港湾
緑地でも正午から、子供たちによる「ええじゃん
SANSA・がり」の踊り披露で開幕、海上保安
部の巡視艇が一斉カラー放水して祭りのスタート
を祝った。
 メインイベントの「ええじゃん踊り」コンテス
トは、渡場通りから西側の土堂海岸通りで行われ、
子供21チームと、職場や地域、学校単位などで構
成する一般66チーム、総勢4200人が出場。そ
れぞれ思いを込めたコスチュームを着飾り、練習
してきた創作踊りをテンポの良いリズムに合わせ
て表現、入賞目指して観衆にアピールしていた。
 県営2号上屋では尾道大学演劇部と市民劇団テ
ゴー座による「行友李風」と「あぱれ花・芙美子」
の公演、市役所南側ではフリーマーケット、飲食
屋台が並んだ。商店街の尾道郵便局東横には特設
映画館が設けられ、尾道に映画館をつくる会によ
る「丹下左膳余話百万両の壷」の上映会があった。
 1日も午前10時から28の出演団体が市役所前で
踊り(正調三下り)を披露し、商店街をパレード
していく。港湾緑地では11時すぎから人前結婚式
「尾道結婚物語」、正午から尾道出身の久保田洋
司、満鉄&金ボタンなどが出演する「尾道音楽祭」、
午後2時からしまなみ太鼓や御輿の競演(市役所
前)などが繰り広げられる。

転載責任者メモ:余談ですが、一番上の写真のクレーンの下に「男たちの大和」の
        ロケセットが見えます。不鮮明ですが、拡大するとこんな感じ。
        みなと祭イベントと合わせて、多くの方が注目したことでしょう。
        右を向いた主砲の砲台


ニュース・メニューへ戻る