2005年5月1日(日)
 レトロな本通りを演出
  商店街「尾道浪漫ストリート」
墓参とイベントの様子
絵画展
 平山角左衛門翁の浄土寺墓参に続いて住吉神社
での神事(上から順に写真)で始まった第62回尾
道みなと祭(池田邦夫常任委員長)の今回のテー
マの1つが本通りを「尾道浪漫ストリート」と銘
打った”レトロな商店街”。
 正午開店前の長江口広場の昔懐かしいお菓子な
ど。
 本局東の桜パーキングが映画館に早変わり、大
河内伝次郎主演の「丹下左膳」を上映。
 郷土館ふらっと跡(下から2番目)を「尾美屋
本部」として、西から順に竹田薬局隣り、向かい
のメキシコ隣り、たにやまの前、天狗寿し前、ど
ん吉隣りの合計7か所で「尾道大生27人の展覧会」。
 西日本銀行跡地では、とれとれ水族館と写真の
落書きコーナーなど。
 尾道商店街の生き残りのテーマの1つが「レト
ロ」だが、今回の企画がその先鞭をつけたことに
なるかどうか..?。



ニュース・メニューへ戻る