2005年4月5日(火)
お大師さんのご利益を
 向島島内は年1度の大移動
札所に詰めかける人々
 向島新88カ所に番外を含めると100ヵ所を
超える霊場でお菓子など接待する「お大師めぐり」
が4日、向島島内で行われ、子どもからお年寄り
まで島民は大移動、賑わっていた。
 寺院、大師堂、尼寺では朝早くから、お菓子、
ジュース、パン、餅、柑橘なざ無料接待。春休み
とあって一家総出で車、自転車、テクテク歩いて
島内を1周。大きな袋を手に小銭や米を賓銭箱に
入れ、接待を受けていた。
 道越、50番札所ではひっきりなしに老若男女が
訪れていた=写真=。
 弘法大師信仰のお大師めぐりは戦前からの島の
風習で旧の節句(3月3日)の翌日、お大師さんの
ご利益をうけようと始められ、食料難の終戦後間
のない時期は餅やおむすびが配られていた。



ニュース・メニューへ戻る