2005年4月3日(日)
桜のビューポイント
 兼孝会 兼吉龍王山の木々を伐採
向島 龍王山から見た尾道千光寺山
 向島町兼吉の20代から50代のまちおこしグルー
プ、兼孝会(天満裕幸会長ら22人)は桜の季節
を迎え、千光寺公園をのぞむ龍王山の生い茂った
木々や草を刈り取り、眺望をよくした。
 13日の日曜日、会員6人が鋸、チェンソー、草
刈り機を手に秀山荘西側300mの龍王山山頂に
自生している根回り20m、高さ5mものクワの大
木など8本、2m以上茂り視界を遮っている草を
刈り取った。
 向島側から尾道を望んだ最高のビューポイント
で大林映画「あした」のロケ地になった場所。現
在、撮影がおこなわれている「男たちの大和」の
日立造船が真下に見える。
 「千光寺公園の桜が遠望でき、特に夕日が素晴
らしいです」(西原修副会長)と話していた。
 兼孝会は盆踊りの口説き、神明祭りの御輿、子
ども会と餅つきなど地域の世話役として積極的に
活動している。



ニュース・メニューへ戻る