2005年2月16日(水)
尾道の「夜の顔」コース増設
 新・観光タクシーパンフ作成
 尾道市や尾道商工会議所が「クレーンのライト
アップ」や「灯かり祭り」など、新しい尾道の魅
力づくりとして「尾道の夜景」が注目されている。
こうした動きを側面から支援できれぱと、備三タ
クシーが独自の観光タクシーのモデルコースに新
たな「尾道の夜景観光」を増設した。
 昼間とは全く異なった幽玄美を放つ、ライトア
ップの浄土寺や西国寺の七堂伽藍を間近の境内で
楽しんだり、千光寺山からの夜景の尾道、対岸の
向島から尾道の遠望を満喫。さらには、巨大迷路
といわれている歓楽街「しんがい」の路地の散策
といった、市民でもあまり経験したことのない、
新しい夜の尾道、夜の顔を案内してくれる。
 備三タクシーでは新しく「尾道の観光タクシー
パンフレット」も作成、観光タクシーの各コース
等の料金、尾道を拠点とした広域的な「しまなみ
海道の観光」「福山・鞆の浦観光」「竹原・仏通
寺観光」など、独自の観光コースが満載。表紙は
「猫が行き交う尾道」のイメージ。訪れる観光客
に「滞在型の尾道」の魅力をアピールしたい−と
のこと。
 ちなみに。尾道市内観光3・30分では小型は
15400円、福祉2万1490円など、尾道七
佛めぐり3時間で小型は13200円。夜景観光
たっぷり2時間で小型だと8800円、ちょっと
観光1時間は小型で4400円など、中型、ジャ
ンポ、福祉とある。

福祉タクシーには車いす対応のリフトが付いており、
身体の不自由な方もご家族で観光できます。

観光タクシーは1台あたりの料金なので
複数で乗れば1人あたりが安くなるところが
観光バスと違います。

モデルコースが設定されていますが、
乗る人の希望で変えられるところもメリット。

tel 尾道営業所 0848-37-2800



ニュース・メニューへ戻る