2005年2月13日(日)
絵のまち館で蒼騎会展
 会員と会友が風景・心象画を
展示の様子
 全国組織「蒼騎会」山陽支部(三浦義也支部長)
の第12回展覧会が15日まで、中央街の絵のま
ち館で開かれている。
 昨年10月に東京都立美術館で開かれた第四十四
回蒼騎展に出品した作品を中心に、14人の尾道、
福山、岡山、山口の会員の美術団体と会友が油彩、
水彩の19点を出品。
 40号から大きなもので百号の風景画や心象画
が飾られており(=写真)、多くの絵画ファンが
訪れて、美術談義が行われている。
 蒼騎会は全国に10支部があり、会員と会友約2
百人が活動している。
絵のまち館の場所はこちらの「え」



ニュース・メニューへ戻る