2005年2月9日(水)
個性ゆたかな風景画など
 尾道生彩会「冬の水彩画」
店内の様子
 西御所町、喫茶バンプーで尾道生彩会「冬の
水彩画展」が開かれ、訪れた人の目を楽しませ
ている。
 1日から15日までの前期と16日から28日まで
の後期に分かれ、前期は18人が、後期は20人が
出品する。
 日洋会会員、上石田勲さんの指導のもと絵の
研鑽に励んでいる60代から80代の壮高年のグル
ープ。
 前期は熊谷弘さんの久山田「水源地」、岸本
加苗さんの「尾道水道」、山田敏夫さんの沼隈
の「平家谷集落」、高垣貢さんの「湯原」温泉
など季節感漂う風景画が展示されている。
 講師の上石田さんは「赤い花」を賛助出品し
ている。
 他の出品者はつぎの皆さん。
 平田文枝、川本忠、平藤定男、山根信恵、稲
田満男、高垣サチコ、村上嘉人、山口侍至、内
海タツ江、大前弘光。
場所はこちらの「は」



ニュース・メニューへ戻る