山陽日日新聞ロゴ 2004年10月29日(金)
千光寺公園の菊花会場に展示
 メルヘンな尾道の夜を
  東高校美術部員が大作描く
海と花火と猫
 県立尾道東高校の美術部員が今秋も、尾道を
テーマにした大きな絵画作品を制作、現在千光
寺公園で開かれている第48回尾道大菊花大会
の会場(ふれあい広場)に展示されている。
 第43回大会から毎年、協力出品しているも
ので、今年は1年生5人と2年生6人の部員で
制作。「オールナイト・オノミチ」のテーマで、
寄り添った2匹の猫が夜空に上がる花火と夜景
を静かに見ているというメルヘンチックな作品
(=写真)。淡いピンク色で桜並木も表現して
おり、季節を超えた尾道の温かさが伝わってく
る。
 白ペンキの下地を塗ったパネルにアクリル絵
の具で描いていき、約1ケ月掛けて縦2・4m
x横5・5mの大作を完成させた。
 指導にあたっている顧問の和田道雄教諭は
「この時期には、他の美術展や試験が重なって
時間が無かったわりには、良い作品に仕上がり
ました」と話している。



ニュース・メニューへ戻る