山陽日日新聞ロゴ 2004年10月23日(土)
白滝ラインや灯台記念館
向島歩こう会 因島北部の景色楽しむ
橋を渡るメンバー
 向島歩こう会は秋晴れの好天に恵まれた17日、
因島市白滝フラワーラインなど63人が11kmを散策
した。
 立花、臨海公園に集合。因島大橋自歩道橋を経
由、眼下に白い航跡を残す貨物船、遠くに百貫島
や弓削島を見ながら橋上からの景色を楽しんだ。
 白滝フラワーラインでは車もこなく歩行者天国
の気分で正面に見える鳴滝山に登った話など会話
も弾んでいた。
 フラワーセンターでは大木のクロガネモチの下
で弁当を開き、大温室では珍しい洋らんやウツポ
カズラが人気を呼んでいた。
 大浜の灯台記念館では藤田会長から潮流観測や
日本最初の観音崎灯台は明治2年の点灯で中国産
の落花生油を使用、世界最初の灯台はエジプトで
2300年前の紀元前ファロ島灯台−など興味深
い説明があった。
 兼吉の吉本さんは「橋からの景色、フラワーセ
ンターの珍しい花々など楽しい思いの連続でした」
と嬉しそうに感想をのべていた。
〔写真は因島大橋を歩く向島歩こう会会員〕。



ニュース・メニューへ戻る