山陽日日新聞ロゴ 2004年10月19日(火)
尾道JC「ふしぎ発見の旅」..(1)
初めて知ったことばかり
 「岩割の松」や「ポンポン岩」
千光寺山から尾道水道。松の根が岩を割って育っている様子。
 尾道青年会議所主催の「おのみちふしぎ発見の旅」
が17日午前8時半、長江艮神社前集合、出発で行
われ保護者同伴で市内の小学生20人が参加した。
 艮神社前の開会式では、瀬尾暁史理事長が挨拶し、
ミステリーナビゲーターの稲田全示尾道火教授を紹
介。担当の山根弘嗣委員長から説明をした。
 ロープウェイで登山後、徒歩で千光寺へ向かい途
中、「岩割の松」(写真下)で自然(植物)の偉大
さを学び、通称「ポンポン岩」こと「鼓岩」につい
て、手で叩き比べながら稲田教授がわかりやすく説
明した。
 千光寺入口の駐車場で再度集合し、主催者から4
問のクイズの問題を出した後、巨岩の上に立つ千光
寺の「不思議」について稲田教授が簡単に説明した
あと3班に分かれて実地を見た。
 西国寺から浄土寺までのいわゆる尾道三山の不思
議について、学んだ。以下、続報します。



ニュース・メニューへ戻る