山陽日日新聞ロゴ 2004年10月13日(水)
艮神社の境内に喝采響く
 氏子一同がチーム一丸を発揮
豪快な投げ
 長江一丁目、艮神社の秋季大祭が9日から11日
にかけて開催された。大祭最終日の11日は、艮神
社名物の奉納子供角力大会。台風22号の影響による
雨でチョッピリ苦労があったが、氏子さんらの汗の
努力で見事にクリア、盛大な子供角力大会が行われ、
大祭を盛り上げた。
 チョッピリの苦労と言うのは、前日10日の雨で境
内の特設土俵が水を含んでフニャフニャ。見た目に
は立派な土俵。試しに氏子さんが上がってみると、
土俵の中に雨が溜まってぬかるみ状態。相撲がとれ
る状態ではない。
 色々協議の結果、土俵の真砂‐を取り除き、境内
の一角にあった旧い真砂をバケツリレーして取り替
えた。氏子一同の心が一つとなった作業のお陰で、
子供角力大会は時間通り開催された。艮神社の氏子
一同のチームー丸が実って相撲大会は事故などの怪
我もなく万々歳で終えた。
 相撲大会も女子の取り組みは大熱戦、見る側も力
が入り、お母さん方も思わず「それ行け!押せ!」
と大きな声。2度も水入りの勝負もあった。男子は
6年生の沖達也君が豪快な投げを見せ、他を寄せ付
けない強さぶり。「長江の朝青龍じゃのぅ」と、土
俵周りは拍手喝采が神社の境内にコダマした。長江
の艮神社の行司さんは正装が物語るように、長い長
い歴史があることで近隣に知られている。
(入賞者一覧は転載を省略させて頂きました)



ニュース・メニューへ戻る