山陽日日新聞ロゴ 2004年10月10日(日)
谷村ファンから
亀田市長へ「萬案内所」の礼状が...
 自分の尾道を見つけに
  「案内所」との出会いでリピーターに
写真は辻さんご本人のサイト
所属会社のサイトの「所属タレント」で
 五穀豊穣や家内安全、平和祈念や交通安全など
を喜び、感謝する秋の例大祭が各地の神社で開催
されている。西久保町の「久保八幡神社」は、16
日と17日に大祭を開催するが、総代長代行の岡
本孝之さんによると「今年は、いつもとチョット
違ってグレードアップの祭りですよ−」と、鼻を
高くしていた。
 大祭初日の16日の土曜日は午後5時から前夜
祭。午後6時から、おみこし渡禦と子どもみこし
奉納。このあと7時からが、舞踊やカラオケ大会
の演芸、特設ステージで開催される。この演芸で
総代長代行の岡本さんが「いつもとチョット違う」
と、笑み満面で語るのが「地元出身の歌手、辻香
奈さんの特別出演。辻さんは地元も地元、久保町
の育ち。歌をうたい、サイン会、握手会をやりま
すヨ」と言う。
 辻香奈さんのサイン会と握手会は、カラオケ大
会より一足早い午後6時30分からのため周知を。
午後9時からお馴染みの餅まきがある。祭礼2日
目の17日は午前11時から大祭奉仕。午後1時
から、久保八幡さんの大祭の名物となった「第11
回陣幕久五郎奉納わんぱく相撲大会」。境内に作
った土俵周りが「それ押せ、いけいけ」と、熱く
なる毎回。
 16日の前夜祭に登場する地元出身の歌手・辻
香奈さんは、北久保保育所、久保小、久保中と、
まさに本物の地元出身。脂の乗り切っている26歳
の美人歌手。尼ケ崎にある大学に進み、この大学
の学園祭で「ミス・キャンパス」に選ぱれた。所
用で東京に行くこともあった。芸能界入りも夢だ
った。ある日、今、所属している「NPレコード」
に「歌手になってみては」と誘われた。いらい、
東京に通ってレッスンを続けた。頑張り屋の香奈
さんの努力が実をつけ、つい先月23日、NPレ
コードより「恋は桜/月空」のダプルメイン楽曲
でデビューした。
 「エキゾチックな二面性」というキャッチコピ
ーで売り出すこのシングルのソングは「恋は桜」
が歌謡曲で「月空」がポップス。まったく違うジ
ャンルの曲を1枚のCDに入れてあるという、面
白いシングル。1枚で2度おいしいという、お得
なCD。これは、香奈さんが「歌謡曲もポップス
も両方歌いたい」という、わがままに、プロデュ
ーサーが「じゃあ、両方歌おうか。今まで、そん
なCDはないし、面白い」となって発売。
 「恋は桜」は山下直美作詞・作曲、桐生和史編
曲で、切ない女心を歌っている。ポップスの「月
空」は桜井忠則作詞、山下直美作曲、ニノ宮史廊
編曲。元気を出して、前向きに頑張っていこうと
いう、励ましの曲。すでにアチコチで活躍。メイ
クアップの本にモデルとしても載っている。久保
八幡の森に集まった皆んなが応援してくれる−。
久保八幡神社の場所はこちらの「く」

転載責任者メモ:芸能ニュースでは「着替える歌手デビュー」とありますが、
        歌謡曲とポップスで衣装がまるで違うということだったの
        ですね。
        ちなみに、このプロダクションで川崎麻世さんとデュエット
        している女性が吉幾三さんの娘さんだということも初めて
        知りました..(余談中の余談)


ニュース・メニューへ戻る