山陽日日新聞ロゴ 2004年10月9日(土)
前夜祭は踊りや雅楽など
 栗原八幡さん例祭16・17日
 豪華な福引きで知られ、また、神輿かつぎが復
活して久しい西則末町の烏須井八幡神社、通称・
栗原八幡さんの秋季例祭が16日と17日の両日、
賑々しく開催される。
 16日の土曜日が前夜祭。午後6時から神事、
6時30分から奉納行事として、巫女舞とええじゃ
んSANSA・がり踊り。また、鉦太鼓踊りと雅
楽演奏。さらに、提灯みこし演技とある。鎮守の
森が拍手と音楽で賑わうひと時。
 例祭の2日目、17日は午前8時から祭典。9
時から神輿渡御、12時30分から子供みこし、
1時から境内で恒例のカラオケ大会。午前10時か
ら午後4時にかけて福運くじ引き。この福運くじ
の景品は特等が電動自転車1台。1等の自転車は
8台、2等オープントースター10台、3等清酒
1升70本、4等醤油1リットル400本、5等
は箱入りティッシュが200箱。
 ところで、神輿渡御の順路は、神社を9時に出
発、三軒家、土堂本通り入口、尾道渡船前広場、
仕出し前川、駅前、日比小下、竜王台、門田五号
トンネル、川上公民館、幸ケ丘、尾高下バス停、
竹屋団地、亀川、世計橋、長江三丁目、JA栗原
が昼12時30分。このコースは神輿は車に乗っ
てと、交通に支障のない方法で渡御。3時30分
ごろ。この栗原八幡神社の祭りは例年、市社協の
福祉まつりの日と重なり、福祉まつりへ行く人の
中には、栗原小に車を止め、八幡神社に参拝、願
いをお願いして福祉まつりの会場へ。一方、福祉
まつり会場から八幡神社へ健康祈念の人の姿も多
い。
場所はこちらの「う」



ニュース・メニューへ戻る