山陽日日新聞ロゴ 2004年9月17日(金)
味わい深い風景や静物
 尾道生彩会「秋の水彩画展」
展示の様子
 新浜一丁目、画廊喫茶・あすなろで尾道生彩会
「秋の水彩画展」が開かれ、訪れた人の目を楽し
ませている。30日まで。
 日洋会会員、上石田勲さんの指導のもと月2回
絵の研修、スケッチ旅行している壮高年13人が風
景や静物を出品。
 山口恃至さんは対岸の向島ドックに停泊してい
る船を描いた「瀬戸内」。上下町の砕石場を上手
に切り取った平藤定男さんの「風景」。
 おいしそうなプドウと木目が鮮やかな熊谷弘さ
んの「マスカット」。山田敏夫さんはこれまた構
成が見事な「千光寺参道」。
 講師の上石田さんは盛り沢山の薔薇が競い合っ
ている「赤いバラ」を出品。
 「皆さん空間が分かり、味が出ている。絵画的
構成が楽しめます」(上石田さん)と話していた。
 他の出品は次のみなさん。
 川本忠、山根信恵、岸本加苗、稲田満夫、高垣
サチコ、村上嘉人、高垣貢、内海タツ江、大前弘
光。
場所はこちらの「お店」「あ」



ニュース・メニューへ戻る