山陽日日新聞ロゴ 2004年7月2日(金)
尾道駅
 11年振り乗車数アップ
  「のぞみ」福山停車やPR効果で
天井から風鈴の下がった尾道駅
 梅雨の中休みで、連日最高気温が30度Cを超え
る真夏日が続いているなか、JR山陽線尾道駅
(徳光郁夫駅長)では構内に風鈴が飾られ、涼を
演出している(=写真)。
 尾道観光の玄関口として「おもてなし」しよう
と毎年行っているもので、駅社員らが協力して、
改札ロ近くにスダレと風鈴30個を吊り下げた。プ
ランター20鉢には、社員の手で育てられている
アサガオとヒマワリの苗が大きくなっており、開
花が待ちどおしい。
 尾道駅によると、昨年10月から新幹線「のぞみ
号」の福山駅停車と関東地区をターゲットにした
「DISCOVER WESTキャンペーン」の効
果もあって、2003年度の1日平均の乗車人員
は尾道駅が5306人で前年より2・4%の増加、
実に11年振りに前年比プラスになった。
 新幹線新尾道駅も1日1116人で2.4%の
増加。東尾道駅は1502人で4.9%伸び、周
辺の人口増加に伴って96年の開業以来、着実に利
用者が増えている。
 また尾道駅では、45歳以上のシニア層を対象
にした「JR尾道おでかけ倶楽部」を結成し、入
会者を募集している。
 おでかけ倶楽部は、旅情報が提供され、主催旅
行の参加などでポイントを集めるとオレンジカー
ドが進呈される特典などがある。入会金、年会費
は無料。問い合わせは尾道駅(0848-22-4724番)
へ。



ニュース・メニューへ戻る