山陽日日新聞ロゴ 2004年6月27日(日)
8月発刊
 市町民から5百点提供
  昔の写真 未掲載分の一部展示しPRを
展示の様子
 郷土出版社が発行、広島県教科用図書販売(東尾
道)が8月初めに発売する『保存版尾道・三原・因
島今昔写真帖』の編集作業が現在進んでおり、関連
した写真の展示と発売PRが、尾道福屋2階のパブ
リックギャラリーで聞かれている。
 尾道、三原、因島の3市と御調郡、世羅郡の6町
をエリアに、懐かしい昭和の町並みや建物、学び舎、
人々の暮らしなどをテーマにした古い提供写真をも
とに、現在の様子と合わせて時代を対比させるB4
判の大型写真集(148ページ)。
 古い写真は市町民や市町役所、写真愛好家らから
約5百点が寄せられ、郷土出版社によって使用され
る写真約170点を選定、残念ながら今回掲載され
なかった提供写真のうち30点を展示しているもの
(=写真)。昭和30年代の牛市や三成の町並み、
大相撲公演などの賑やかだった様子が白黒写真から
伝わってくる。
 写真の収集作業は、現地スタッフとして元山陽日
日新聞社記者の後藤洋二さんらを中心に行われた。
古い写真とともに現在の様子をとらえた250枚で
つづられ、この地方の変わったところ、変わってい
ないところを辿る内容。
 限定千5百部の販売で、定価は1万1550円。
予約特価9975円。問い合わせは0848-20-2202番
へ。



ニュース・メニューへ戻る