山陽日日新聞ロゴ 2004年6月26日(土)
25年目に
 夏の風物詩「七夕飾り」
  3商店街に子供たちの願いごと
飾り付けをする子供
 25年目になる本町3商店街による「合同七夕飾り」
が25日、尾道郵便局から西の本町センター街、駅前
本町一番街、土堂中商店街にお目見えした。8月1日
までの36日間、尾道夏の風物詩として本通りを彩り、
土曜夜店を盛り上げる。
 市内と向島町、御調町の幼稚園と保育所を中心に小
学校、デイケアセンター、社会福祉協議会、文化教室
などに参加を呼び掛け、子供たち2千5百人と大人の
グループ20組が飾りを制作。
 初日は午前中に、商店主らが通りに出て飾り付け作
業。みどりの園幼稚園(21人)に続いてゆめみ保育
園の5歳児6人が雨の中センター街を訪れ、自分の願
いごとを書いた短冊、折り紙や画用紙で作った飾りを
青竹の枝に付けていった(=写真)。完成した高さ約
7mの飾りが立てられると、園児は拍手して喜んでい
た。
 来月3日夕方には、尾道エレクトーン教室の子供た
ちが中商店街の空き地でコンサートを開く。



ニュース・メニューへ戻る