山陽日日新聞ロゴ 2004年6月12日(土)
きょうから「土曜夜店」
 商店街舞台に夏の風物詩が
 70余年の歴史をもつ尾道市商店街連合会(村上
隆会長)の「おのみち土曜夜店」が、12日から本
通り商店街を舞台にスタートする。
 来月24日までの毎週土曜日、夕方6時から9時
まで、東御所町の林芙美子像前から久保二丁目まで
の約1.2kmの商店街に、かき氷や焼き鳥、花火、
金魚すくい、輪投げなどの出店と露店が並び、家族
連れやグループが納涼を楽しむ。
 今月26日からは尾道郵便局西側の3商店街に、
市内外の保育所、幼稚園児などが作った七夕飾りも
彩りを添える。
 来月17日は天神祭り、最終日の24日には祇園
祭りと水祭りがあり、夏の風物詩にいっそう賑わい
が増す。

転載責任者メモ:普段は夜が早い感じがする商店街ですが、この時ばかりは
        飲食やゲームの屋台が出て大変賑やか。商店街の人が総出で
        管理していて大変ですが、続ける価値ありのイベントだと
        思います。夏の夜はここを冷やかして歩いてから美味い魚で
        一杯やってホテルに帰る。夏の尾道観光に良いアクセント。
        映画「さびしんぼう」のクリスマスセール・シーンの活気を
        ちょっと思い出したりしながら。


ニュース・メニューへ戻る