山陽日日新聞ロゴ 2004年5月11日(火)
旧会議所建物など3件を
 尾道市重要文化財に答申
  文化財保護委 調査研究体制の充実を
旧広島銀行出張所 旧商工会議所
 尾道市文化財保護委員会(寺岡昭治委員長)で
は、7日に開いた同委で、3月26日付けで諮問
があった次の3件について、尾道市重要文化財に
指定するのが適当である旨、決したので10日、平
谷祐宏教育長に対し答申した。
 (1)旧尾道商業会議所の建物▽(2)旧尾道銀行
本店(広島銀行尾道市役所前出張所)の建物の2
件が市重要文化財。
 (3)平田玉蘊ゆかりの品々が市民俗文化財。
 答申にあたって「前記物件も含め、今後とも指
定文化財の積極的な公開並びに活用と、適正な保
存に努められるとともに、調査研究体制の充実を
強く求めたい」という文化財保護委の意見を付記
した。
 同意見は、前段で『市行政の姿勢を評価』すると
同時に、後段の『調査研究体制の充実』に力点を置
いたものと理解する必要がある。
 「世界遺産をめざして尾道」のソフト、ハード事
業が今後、展開されていく中にあって『世界遺産云
々を口に出来るだけの学術的・文化的な面を同時に
併行して整備していく必要性』をアピールしていく
ことが、同委に新たに課せられてきており、それが
意見の中ににじみでていると解してよい。



ニュース・メニューへ戻る