山陽日日新聞ロゴ 2004年4月9日(金)
9日夜から
 駅前灯台ライトアップ
  尾道海保みなと祭まで試験的に
駅前渡船と灯台
 尾道海上保安部(川島豊部長)は、JR尾道駅の正面、
尾道水道沿いにある向島町小歌島、『尾道灯台』(=写
真)を、9日から試験的にライトアップすることになっ
た。
 県の近代化遺産にもリストアップされている『尾道灯
台』は1934年の建造で、高さ11m。尾道みなと祭
り開催日にあわせて行う独自のアトラクションで、木々
に囲まれた灯台本体の上部から、2基のライトを使って
灯塔部を照射するもので、同部にとっては初めての試み。
 職員が資材の運搬、組立て、ライトの調整など繰り返
して準備。「白色の灯台が夜の小歌島に幻想的に浮かび
上がります」と同部航行援助センター。
 試験ライトアップは9日から11日、14日、16日
から18日、23日から25日の日没から午後10時頃
まで行う。好評ならば、今後も海の日などでも点灯を考
えていきたいという。
場所はこちらの「主な施設」の「お」

転載責任者メモ:写真の通り小さな灯台なので駅前の光の中では目立たないの
        ですが、夜、暗い海岸を見ると、黒く見える小山をバックに
        ピカリと光っているのが見つかります。


ニュース・メニューへ戻る