山陽日日新聞ロゴ 2004年4月4日(日)
7月以降の継続向けて
 尾道〜鞆の浦航路始まる
岸壁のジュゴン号
 (続報)瀬戸内旅情をテーマに、JR西日本と日本
旅行が共同企画した海上航路「尾道〜鞆の浦」が3日
から、運航を始めた。6月までの土・日曜、祝日のみ
の運航で、今回は旅行商品としての販売のため、一般
の利用は出来ないが、7月以降の継続運航に向けて期
待がかかっている。
 尾道駅前を午前10時に出発、同50分に鞆着。11時に
鞆発、正午前に尾道に帰ってくる。距離は23.4km、
阿伏兎観音の朱塗りの観音堂など海上からの景色が楽
しめる。
 事業者は尾道〜弓削航路を経営している笠岡市、藤
井一彦さんで、旅客船「ジュゴン」(藤井順久船長、
19トン)を使う。
 初日はお客ら20数人を乗せて(=写真)、尾道駅前
を出航した。




ニュース・メニューへ戻る