山陽日日新聞ロゴ 2004年3月17日(水)
千光寺公園
ソメイヨシノ 1週間ほどで開花か
 夜桜演出ぼんぼり提灯20日から
脚立に乗って提灯の取り付け作業
 尾道の春山を代表し、夜桜を演出する「ぼんぼり提灯」
の取り付け作業が16日から、千光寺公園で始まった。
 市内の企業や団体からの広告提供に加えて、今年は提
灯に掲載する俳句作品を有料で募集したところ、尾道や
向島、御調などの愛好家ら30人から合わせて36句の
作品が寄せられ、提灯は昨年より68個多い4百38個
を吊す。
 膨らんだピンク色の蕾が、あと1週間もすれば開花し
そうなソメイヨシノの幹づたいに、総延長1kmの配線が
張られ、2.5m間隔に、尾道観光協会職員ら5人が6
角形のぽんぼりを取り付けていった(=写真)。
 俳句作品と作者名が記された提灯は、俳人鷹羽狩行さ
んの句碑がある広場に掲げられる。
 春分の日の20日から来月20日までの1ケ月、毎日
夕方から明け方まで点灯する。
 例年、千光寺公園のソメイヨシノの開花は3月の終わ
りから4月の初めだが、今年は1週間ほど早くなりそう
で、3日と4日あたりに満開になりそう。



ニュース・メニューへ戻る