山陽日日新聞ロゴ 2003年12月28日(日)
「除夜の鐘」準備整う
  千光寺で梵鐘、鐘楼の煤払い
煤払いの様子
 2004年の幕開けを5日後に控えた27日、中国
観音霊場第十番札所の東土堂町、真言宗千光寺(多田
義信住職)で、梵鐘と鐘楼「驚音楼」の煤払いを行わ
れ、大晦日深夜から撞き始める除夜の鐘の準備が整っ
た。
 同朝10時から鐘楼前に祭壇に設けられ、檀信徒ら
15人が参加。多田住職を導師に般若心経をあげ、全
員焼香したあと住職家族らも加わり、竹箒で鐘楼や鐘
に溜まった1年分の塵や埃を払い、雑巾で丁寧に拭き
浄めた。
 俚謡に「音に名高い千光寺の鐘は一里聞こえて二里
響く」と歌われた同寺の鐘は、約三百年前から刻の鐘
として撞きはじめられ、千光寺山(標高136.9m)の
山頂近くにあって明治23年、竜宮づくりの鐘楼が建
て替えられ、その美しさが玉の岩とともに観光都のシ
ンボルとして定着。文豪志賀直哉の「暗夜行路」やア
ララギ派歌人中村憲吉の作品にも登場、NHKテレビ
「ゆく年、くる年」などテレビやラジオ番組にもたぴ
たぴ紹介され、環境庁選定の「日本の音風景百選」に
も選ぱれた。
 除夜の鐘は、31日午後10時ごろから先着順に鐘
をつく整理券が配られ、11時からお経をあげたあと
撞きはじめ、零時までに百打を、このあと8打を撞き
終え、108の煩悩を除去して新しい年を迎える。
 鐘をついた参詣者には申年の福土鈴とミカンを進呈。
また終了後、初祈祷を行う。参拝者にお守りや破魔矢、
福寄せ、絵馬、昇運たこも用意している。
 日の出が早い観光名所として大晦日から三が日にか
け約6万5000人の参拝が見込まれている。



ニュース・メニューへ戻る