山陽日日新聞ロゴ 2003年11月16日(日)
1958年寄せ書き
斎藤武市監督が資料館に色紙寄贈
 映画全盛期21人の名が
  小津監督らの紫綬褒章祝う会で
 小津安二郎監督の『東京物語』(1953年)で助監督をつと
めた映画監督、斎藤武市さん(78)=東京都=がこのほど、
映画全盛当時の監督21人が寄せ書きした色紙を、おのみち
映画資料館に寄贈した。資料館では早速、ガラスケースに展
示した(=写真)。
 斎藤監督によると、1958年12月、東京築地の有名割烹「治
作」で、日本映画監督協会が主催して小津監督と衣笠貞之助
監督の紫綬褒章受章を祝う会が開かれた時に、出席していた
監督たちが寄せ書きしたもの。中には今にその名と作品を伝
える名監督の名前も見られる。21人の氏名は次のとおり。
 成瀬巳喜夫、杉江敏男、丸山誠治、毛利正樹、吉村公三郎、
千葉泰樹、衣笠貞之助、斉藤武市、堀内真直、古川卓巳、鈴
木重吉、小石栄一、大庭秀雄、中村登、内田吐夢、内川清一
郎、稲垣浩、小津安二郎、牛原虚彦、田畠恒男、川頭義郎。
 斎藤監督は、林芙美子原作の映画『うず潮』(1964年)の
ロケで尾道を訪れ、今年夏には小津監督生誕百周年イベント
で再来しており、今回の寄贈に繋がったもの。



ニュース・メニューへ戻る