山陽日日新聞ロゴ 2003年11月5日(水)
終日、子どもの歓声こだま
面を着けて町を練る
 奇祭で知られる東土堂町、吉備津彦神社例祭の呼び物
ベッチャーが(市民俗文化財)3日、旧市街地に繰り出
し、子どもらに囃され練り回り、太鼓や急テンポなチャ
ンギリ、御輿の担ぎ手による掛け声が終日、こだました。
 大祭が営まれた2日夜、境内で勇壮なベッチャー太鼓
が奉納され、信者ら約2百人の聴衆を魅了させた。
 本番当日も市役所脇広場で公演が予定されていたが、
雨で中止され、ファンら残念がらせ、それでも江戸中期
から始まった異様装束のショーキ、ベタ、ソバにシシ、
御輿の巡業は予定通り行われ、街中にぎわいをみせた。

ニュース・メニューへ戻る