山陽日日新聞ロゴ 2003年10月10日(木)
長江の艮神社祭礼
 名物の子供角力13日
  12日夜好評の太田神楽の舞
 長江一丁目、艮神社の秋季大祭が11日から13日
にかけて開催される。長江の艮神社と言えば「祭礼中
は国旗掲揚と提灯をお願い」と、伝統と歴史のある
「子供角力」でお馴染み,
 秋季大祭の初日の11日は午後4時ごろ、子ども神
輿が土堂二丁目の商店街や久保一丁目の新開にかけて
の行幸祭。2日目の12日は午後1時から8時まで
「福引」。午後4時から氏子崇敬者奉商祭。午後6時
30分から境内に特設舞台を設け高須町の太田神楽保
存会による神楽「八重垣(八岐大蛇)やまたのおろち」
他。太田神楽は好評につき3年連続の祭礼の余興。
 3日目の13日は午後2時から長江小児童による子
供角力。四本柱のある土俵。この土俵も地元の建設業
者の方が奉納と言う有難い志が続いている。また、子
供角力を盛り上げる行司さんは3人が持ち回りで務め
ており、今回は貫禄が十分の尾道陣幕会の幹事の渡辺
岳紀さんが、正装の行司衣装を着て、軍配を手に「東
の勝ちいー」と審判する。
 子供角力のあと午後4時から長江通りを神輿の還幸
祭。ところで、3年連続となった太田神楽は大勢の見
物客で賑わう毎回。最初に「悪魔払い」を舞う。これ
は霊力のある鬼が扇子と剣で奉納の舞台を清め、諸々
の汚れを祓い正装する。また、参拝の人々や家々の厄
除けも行う。一方、12日と13日は生花展と子ども
の作品展があり、12日は抹茶の接待もある。秋祭り
が各地で開催される季節の到来−。
場所はこちらの「寺社」「う行」



ニュース・メニューへ戻る