山陽日日新聞ロゴ 2003年10月2日(木)
21日まで作品展
 風景や石垣など遺産に焦点を
  写真家、浅井愼平さんの尾道色
会場の様子
 創立半世紀を越えた全日本写真連盟尾道支部の
尾道写真クラプ展2003が土堂二丁目の尾道絵
のまち館で開かれている。5日まで。
 宮地秀昴支部長が「坂道雨情」と「渚にて」を
出品するなど会員19人が尾道をモチーフにした祭
りや小路や花を取り込んだ風景など各1点を1か
所に展示するなど4ツ切りサイズに統一、それぞ
れ2〜3点、あわせて40点を出展。また花畑重
晴・関西本部委員が「遊泳」を賛助出品。住吉ま
つりの花火を3枚の組写真にした高度な幻想的な
作品など地元を代表する会員展が話題を呼び、連
日ファンらで賑わっている。
 宮地支部長を除く出品はつぎのみなさん。
 石井達郎、井上加代子、井上美智子、岡田紀一、
奥輝勝、亀田義博、川本洋子、木曽武司、黒田義
則、佐々木照雄、高原邦宏、九十九繁、中岡徹、
林清春、村上輝雄、森原淳、吉原武王、和田友久。
場所はこちらの「主な施設」「え行」

転載責任者メモ:この中の川本洋子さんは、全日本写真連盟・朝日新聞主宰の
        「全国女性写真コンテスト」でこの2年連続銅賞を受賞した
        実力者の川本洋子さんに間違いないですね。



ニュース・メニューへ戻る