山陽日日新聞ロゴ 2003年9月19日(金)
おのみちレトロショップ巡り(3)
天満屋薬局
 電話「1番」尾道の老舗
  薬師堂にモダンな3階建て
3階建て
 歴史ある尾道の老舗の1つ、十四日元町薬師堂の
「天満屋薬局」。
 現在の当主、野田耕平さん(53)から数えて20代
ほど前の1537(天正元)年、久保町で薬屋を創業し
ている。1783(天明3)年に薬師堂に移り、1934
(昭和9)年、木造3階建て、当時としてはモダン
な現在の社屋を構えた。
 「家伝薬を製薬して、10里四方を営業エリアとし
ていました」と野田さん。明治初めまでは、代々当
主が「天満屋茂左衛門」を名乗っていたという。
 幕末「戊辰戦争」(1868年)の時に、官軍方に火
薬や薬品類を供与した功績で、間もなく後の文明開
化の「電話」敷設の際には、「尾道1番」を受けた。
今もその名残から電話番号は「2001」番である。
 (=写真は建造当時に写されたもの)。
場所はこちらの「レトロショップ巡り」



ニュース・メニューへ戻る