山陽日日新聞ロゴ 2003年9月13日(土)
友愛山荘
 今夏一気に利用増える
  高校生絵のまち四季展で合宿し
階段で写生
 この夏休み、高校生が尾道に合宿して絵を描く姿が
山の手はじめ旧市街地で多く見られ(=写真)、千光
寺公園内にある市の宿泊施設「友愛山荘」を利用した
のは、生徒と引率教員ら延べ259人に上った。
 隔年開催の第2回「高校生絵のまち尾道四季展」が、
今年11月に作品募集されることから、その取材と作
品制作に訪れたと考えられる。
 6月13日〜15日「長崎県立佐世保東翔高校」48
人(延べ人数以下同じ)▽7月26日〜28日「広島
県立竹原高校」24人▽同26日〜27日「愛媛県立三
瓶高校」6人▽同24日〜28日「大分県立情報科学
高校」20人▽同30日〜8月1日「広島県高等学校美
術連盟」60人▽8月1日〜4日「滋賀県八日市高校」
45人▽同15日〜17日「兵庫県立香寺高校」56人。
この先四季展受け付けの直前となる11月21日〜23
日まで、もう1度佐世保東翔高校(人数不明)が予約
している。
 友愛山荘は2001年度、尾道市が1627万円を投じて改
修。5人用の和室が2部屋、4人用の洋室が5部屋あ
り、定員30人。自炊の合宿スタイルでの利用となる。
管理は1日当たり約1万円で尾道観光協会に委託して
いる。利用、宿泊料金は無料。
 初年度は延べ77人、昨年度は44人の利用しかな
かったが、3年目の今年度で一気に増えた。



ニュース・メニューへ戻る